不動産情報と売却プロセスの透明化を推進し、お客様の本当の満足と資産価値の最大化を実現します。
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

 

ホーム > 投資用不動産の売却について
投資用不動産の売却について

投資用不動産の売却について


投資用不動産の売却では、利回りが最も重視されます。
現在入居者の賃料などから算出するキャッシュイン(収入)と、固定資産税や管理費等のキャッシュアウト(支出)をしっかり把握する必要があります。

そのため、正確な売却想定価格の査定をするには

・テナントの賃料が分かる賃貸借契約書
・管理費の支出金額が分かる管理委託契約書
・固定資産税金額が分かる書類
・水道、光熱費が分かる書類

などをご用意いただく必要があります。

また、賃貸に出しているマンション等の投資用不動産では、

「そのまま売却する → 投資用不動産として売る」よりも、 「テナントが退去してから売る → 居住用不動産として売る」

方が、金額が高くなることもあります。これらを検証するには、投資用としての金額と、居住用としての金額双方を比較するアプローチが必要になります。あるいは、賃貸ビルなどの不動産でも、

「そのまま売却する → 今の収入/支出に基づいた利回りで売る」よりも、
「管理費などをコスト削減してから売る → 利益を増やして利回りを上げて売る」

方が、一般的に金額が高くなるものです。
投資用不動産の売却においては、最高価格での売却を達成する為に、多面的な角度からの検証が必要です。


みんなの売却には、投資用不動産の購入・売却・仲介のエキスパートがおりいます。
そのため、的確な査定と情報公開により最大価格での売却を追求できます。
この他ご不明な点などございましたら、ぜひお気軽に『みんなの売却』へご相談下さい!




  • よくある質問集

  • 資料請求

  • 簡単無料査定を行う

  • 訪問無料査定を申込む

  • メールでお問い合わせ

  • Mainmenu
  • 代表メッセージ
  • 店長メッセージ
  • スタッフ紹介
  • 最近の取引事例
  • なぜ当社では高く売れるのか?
  • お客様の声
  • 査定の査定
  • 売却物件情報
  • マンション売却をお考えの方
  • 一戸建て売却をお考えのお客様
  • 土地の売却をお考えのお客様
  • 当社へのアクセス
  • お問い合わせ
  • 私たち不動産のプロフェッショナルがお手伝いいたします

このページの先頭へ